スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔王、山を往く

魔王降臨Evil sideを流しながら原稿やってたゆさポンです。
(オトナゲーム帝国にご参加の方は、お疲れ様でした!)
小説は11頁、4日目まで来ました。
魔王様が現実の厳しさを思い知って、やっと滑稽描写を挟めるように!
山頂・魔王像の肩当てのトゲトゲ部分に、洗ったパンツ干させたいですw
ところで今回もれありんが表紙イラストを描いてくれたんですが、
洗剤のCMに出演依頼が来そうな、爽やかオルストv
表紙詐欺(^^;にならないよう、ちゃんと完成させなきゃ、ですね!

Evil sideの感想を、ちょこっと。
登場人物の殆どが、自らの不幸を更に助長してしまってますね……。
どうすべきだったのか、自分だったら?等と、観た人が各キャラに感情移入しつつ
アレコレと考える部分にこそ、作品の真意があるのではないかなと思いました。
(人道的にはサブリナやラディの母が正解なんでしょうけど、
心情的には割り切れないものがありますし……。
確たる答えが見つからないのは、現実世界と同じですね)
パッケージにキャッチコピーとして書かれている
「私はいつも…関わった者をつらい目に遭わせてしまう…」という台詞が
とても悲しく、印象的です。
周りが結果的に不幸になったのは、彼だけのせいじゃないのにね……。
ただ、そうやって何もかもを自分のせいだと思う事自体も
間違いじゃないのかな、とも感じました。
適度な戒めは必要だけど、行き過ぎると「いじめ」になっちゃうと思います。
他人はもちろん、自分自身だっていじめちゃイカンですよ。
逆説的に、人にも自分にも優しく在りたい……と思わされた台詞です(;_;)。
彼も「私のようにはなるな」って言ってましたし、ね。

前記事とホムペに拍手ありがとうございましたvいつも嬉しいです(^^)。
思うに林檎の麻痺効果って、理性を麻痺させちゃうって事なのかも……。
エデンズアップル、同人的には媚薬として認識されちゃってますよねw
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子的ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。