スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の記憶

約1年ぶりにポップンミュージックをプレイ、楽しんできたゆさポンです(^^)。
子供という最強のオジャマオプション付きで、5曲演ってきましたよ~。
(プレイ中は見ててくれって頼んでたのに、もうu)
最新の曲はよくわからないので、旧曲でやり込んだコアグルーヴH等を選択。
譜面を見た時は「今の自分で叩けるのか……?」と不安がよぎりましたが、
どっこい、体が譜面を覚えてるんですね。指が自然とポジション取ってる感じ。
体の記憶って簡単には消えないものなんだなーと、感心しました。

ところで、体の記憶……なんだかステキな響きですよねv ←
LALで記憶喪失ネタを書きましたが、そちらの別展開を、ひとつ。
ここから腐女子全開なので、折りたたみます。大丈夫な方だけ、続きをどうぞ。

魔王山事件以降に記憶を無くしたスト、という設定で小説を書いたのですが、
記憶喪失ストに対して、小説でのオルは紳士的な態度を貫きました。
でもオルが何かのきっかけで、性的な衝動を抑えられなくなったら……?
とか妄想してみまして。

「ちょっと、何をするんだオルステッド!」的な形通りの抵抗をするストに対して、
「きっと体は覚えている筈……!」とかのたまいつつ、力任せに押し倒すオル。
ショック療法と称して×××。なかなかに最低です。
「ほら、こうされるの好きだったろう?」とか、さりげなく言葉で責めながら、
過去のデータを総動員して、ストレイボウの体の記憶に迫っていきますv

一方ストも『なんか気持ちいい……』とか、愛撫にうっかり陶酔しかけるんだけど、
記憶を無くしているもんで、『俺は本当にこいつと……?』的な葛藤もありまして。
嘘か本当かもわからないのに、このまま快楽に流されてはいけない!と一念発起。
ブルーゲイルの電撃をぶちかまして、オルを強制的に引き離します(笑)。

真っ黒焦げになったオルを見て、さすがにやりすぎたと、慌てて声を掛けるスト。
ブルーゲイルの麻痺から立ち直ったオルは、ストに向き直って、こう言うのです。
「君は、誰だい?」

……あーあ(^^;。
ところでうちのオルの二人称は、相手が格上なら「あなた」、同格か格下なら「君」、
スト限定で「お前」です。
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子的ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。