スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説原稿データ作成方法(改訂版)

こんにちは、ゆさです。
2011年5月に『小説同人誌の原稿データ作成方法』という記事を作成したところ、
沢山の反響を頂きました…!
見て頂いた方、拍手やメッセを下さった方、どうもありがとうございましたv
お役に立てて嬉しかったです(*´∀`*)。

前回記事作成から2年が経ちましたが、文章系同人誌の原稿の作り方について、
参考資料が少ない状況は相変わらずなのかな……と感じます(´・ω・`)。
私自身は、この2年間で同人誌4冊+ゲスト原稿作成の経験に恵まれまして。
「今ならより具体的な小説原稿データの作り方をお伝え出来るのでは」と思い、
改めて記事を作成する事にしました。
同人誌を作りたい字書きさん、アンソロ主催者様等の参考になれれば幸いです。

ワード+コミックスタジオ(Pro4.5.6)+CubePDFというソフトを使って、
PSD形式での原稿データを作っていきます。

ワードファイルのまま、あるいはPDF形式で受け付けて貰える印刷所もありますが、
凝った背景や飾り罫を作りたい時には、コミスタ等の画像処理ソフトを使うと便利です。
今回はコミスタ経由ですが、フォトショップやイラストレーター等で作る時も、
文書データを画像データに変換して扱う、という基本的な手順は同様です。

<作成例>
元のデータはA5原寸/PSD形式ファイル(736KB)
(↓の画像はブログアップ用にサイズ変更&JPEG変換しています)

※クリックで画像拡大
mihon2.jpg


<使用したソフト>
・Word2003 ※以下『ワード』
・ComicStudioPro Ver4.5.6 ※以下『コミスタ』
・CubePDF(フリーソフトです。ダウンロードはこちらから)


<データ原稿作成手順>
(1)小説本文を書く
(2)ワード起動。文章を打ち込み、体裁を整える
(3)ワードで作ったデータを、CubePDFを利用してJPEG形式に変換する
(文章データ→画像データに変換して、コミスタで画像として読み込めるようにする)
※ここでPDF形式に変換して、対応している印刷所にデータ入稿する事も出来ます。
(4)コミスタ起動。(3)で作ったJPEG形式データを「読み出し」操作
(5)コミスタのトーン、外部素材等を利用して、レイアウトを作る
(6)コミスタの「書き出し」機能で、データをPSD形式、TIFF形式、PDF形式等に変換

<各手順の詳細>
◆(1)については割愛します。頑張って下さい!

◆(2)ファイル→ページ設定から組んでいきます。
作成例は、用紙サイズB5(飾り罫用に裁ち切りが必要なので、A5ではなくB5で作ります)。
他の設定はこんな感じ↓です。

※クリックで画像拡大
word1.jpg

小説データ原稿に必須のページ番号は、(5)で追加してもいいし、ワードで入力してもいいです。
ワード入力の場合、挿入→ページ番号
「書式」で、ページ番号を1以外の数字から始める事も出来ます。

ページ番号の位置を調整したい時は、
ファイル→ページ設定→「その他」タブ→ヘッダーとフッター→(適当な値を入力)
作成例はヘッダー15mm、フッター20mmです。
(ちょっと下すぎましたね…^^;)

数&行数、余白設定、文字pt等の設定については、飾り罫やノンブルの位置等によって
最適な数値が変わってくるので、是非色々試して下さいね!
お手持ちのステキ小説同人誌が、強力な参考資料になると思います。

◆(3)CubePDFの使い方は、

ワード起動→ファイル→印刷→プリンタ名で「CubePDF」を選択→OK→
(CubePDFのウィンドウが開く)→ファイルタイプ「JPEG」、解像度「600」→変換


※使用フォントによって、字間がおかしくなる事があるようです。その場合、以下を試してみて下さい。
(ワード画面から)ファイル→印刷→プリンタ名「Cube PDF」を選択→
プロパティ→→詳細設定→PostScriptオプション→
TrueTypeフォントダウンロードオプションを「アウトライン」


で、出力ファイル欄で選択した場所に、JPEG形式ファイルが作成されます。
ちなみにこの時点でファイルタイプ「PDF」を選べば、PDF形式ファイルが作成されますので、
ここで終了して、PDF対応可能な印刷所にお願いする事も出来ます。
ワードのみでも、ある程度の飾り罫は作成可能です。

で、出力したデータがこちら↓。
実際のファイルサイズは4300×6075ピクセル(B5・解像度600の場合)。

※クリックで画像拡大
mihon1.jpg

◆(4)コミスタ起動。作成例の用紙サイズは、

ファイル→新規作成→作品→「用紙テンプレート」タブ→「同人用紙」フォルダ→同人B5用紙3mm

裁ち切りを考慮して、仕上がりより1つ上のサイズの原稿用紙を使います。
仕上がりがA5本なら同人B5用紙、B5本なら同人A4用紙です。

waku.jpg


コミスタでの画像ファイル読み出し方法は、

ファイル→読み込み→画像ファイル→(3)で作ったJPEG形式ファイル選択→開く→
(プロパティウィンドウが開く)→「位置調整」タブ→アンチエイリアスのチェックを外す→
「画像調整」タブ→表現色「黒(1bit)」、閾値は適当(100位)→OK


ファイル→開く、ではないので注意!
アンチエイリアスはチェックを外して下さい。
モニタ上では滑らかに見えますが、モノクロ印刷では悪い影響が出る事があるそうです。
ちなみにワードからコミスタに直接文章をコピー&ペーストしようとすると、
段数等の情報が反映されません。文字数と行数の指定とかも無理です。
せっかく組んだ2段組の文章は、容赦なく1段組に変換されてしまいます……。

◆(5)トーンの貼り方は、コミスタのマニュアルを参照して下さい。
作成例の上下飾り罫は『Basic Tone/5 Image/チェック_ドット_四角形のグラデドット01』、
中央の魔女っ子は『トーンライブラリーVol.1/魔女っ子』です。
魔女っ子については、適当な大きさでトーンを貼った後、
レイヤーパレットのレイヤー名の左側をダブルクリックして、プロパティを出します。

haikei1.jpg

「トーン柄を移動(左上の四方向矢印)」「表示角度」「倍率」「明るさ」を適当に調整。

元が黒っぽいトーンを使う時は「明るさ」を適当に上げると、文章背景としていい感じになります。


haikei2.jpg


(6)コミスタでのPSDファイル保存は以下の手順で。
TIFF、PDF、EPS(グレースケール不可、モノクロのみ)等も、ほぼ同様です。

ファイル→書き出し→画像ファイル(寸法指定またはピクセル指定)→
ファイルの設定項目の種類『Photoshop』→(右の設定ボタンクリック)→
「レイヤーを統合して出力する」にチェック→OK


以上の手順で、コミスタで小説同人誌の原稿データを作成しました。
オリジナル画像、市販されている各種素材集なども使って、個性溢れる小説原稿を作成して下さいね。
巡り巡って、ステキな小説同人誌に出会えると嬉しいですv

最後に、小説本文でちょっとコツが要る入力方法を紹介。

<半角記号複数(!?、!!等)を縦書き仕様に>

該当の半角記号を選択→書式→拡張書式→縦中横→すべて変更→検索→はい

tatenakayoko2.jpg

<ルビ(ふりがな)>

ルビを振る単語を選択→書式→拡張書式→ルビ

ルビを振った後、ルビの文字幅分だけ文章間が不自然に空いてしまいます。
このままでは不格好なので、文章間を調整します。

文章間が不自然に空いている行を選択→書式→段落→インデントと行間隔→
行間「固定値」→間隔「(ページ設定の文字数と行数「行送り」で指定した値。ここでは13.36pt)」



rubi2.jpg

ルビを振った文章間も、通常の間隔に調整されました。
(2行目「創造主」という単語に「マスター」というルビが振られています)

rubi1.jpg


< ―― の入力方法>
―(ダッシュ)と読みます。
「だっしゅ」と入力→スペースキーで出せると思います。
基本的に2つ繋げて入力します。

ダッシュを2つ入力した際、使用フォントによっては2つの間に空白が出来てしまいます。
極端に表現すると『― ―』という感じで印刷されてしまう、という事ですね。
このままでは不格好なので、文字間を調整します。

2つの間に空白が出来ているダッシュを選択→書式→フォント→「文字幅と間隔」タブ
→文字間隔「狭く」、間隔を適当に調整(作成例は0.5pt)→下部プレビューを確認して、OK


dash2.jpg

作成例だとまだ少し空白があるように見えますが、実際画像データ変換してみると、ちゃんとくっついてます。

おつかれさまでした!
スポンサーサイト

テーマ : 同人活動
ジャンル : 趣味・実用

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。