スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター上での愚痴のお詫び&今後の対策について

こんばんは、ゆさです。
ツイッターでの愚痴ツイートについてご指摘を頂き、私なりに考えました。

ツイッターはリアルタイムで愚痴を出せる=『溜め』が無い場所として重宝していたのですが、
よく考えればそれは同時にリアルタイムで愚痴に付き合わせてしまう場所、
という暴力的な側面もあるのだという事にも気付かされました。
フォロワーさん達には、これまで度々の愚痴ツイート連投で不快な思いをさせてしまい、
申し訳ありませんでした。

私は現在鬱病と育児ノイローゼを患っており、愚痴を自分の中に留めておけない状態です。
(溜め込むと自傷行為や、息子に当たってしまいそうになります……)
夫や友人達に直接愚痴を聞いて貰う事も、ストレス解消法として大変有効だし、有り難いのですが。
しかし対話は相手の都合もありますし、どうしてもタイムラグがあります。
辛くて、相手が居ない状況に耐えられない時、愚痴ツイートを発する事で補っていました。

しかし私の愚痴ツイートを見せられるフォロワーさんの中には、
その時点で、愚痴っている私と同じく、心に余裕が無い状態の方もいらっしゃるのだ……
と、気付きました。

「愚痴を吐き出したい、私を分かって欲しい。
けれど余裕が無い人にまで押し付けるのは避けたい」


この問題をどのように解消すべきか、これから考えてみようと思います。
従来のブログ+警告+「続きを読む」がいいかな……とも思うのですが。
(『アダルトチルドレン・鬱病etc』カテゴリを追加で設置しました)

ただ……ブログにぶつける余裕も無い、緊急時の愚痴ツイートだけは、どうぞ許して下さいm(__)m。
外に出すだけで、冷静さを取り戻せる事、癒される事、救われる事も、あるんです……。

なるべくツイッター上では深刻な愚痴の連投は避けるよう、気をつけたいと思います。
何か良い方法がありましたら、ご意見頂けると嬉しいです。
スポンサーサイト
     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。