スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お説教時セリフに思う事とか

何とか生きております、ゆさポンです~。
前記事から、過眠&どうにも気分が晴れないという、鬱症状が続いております……u
色々滞ってて、ホントスミマセン……orz
現状、何書こうとしても悲観的な文章になっちゃって、ダメなんです……u(参考:この記事)

ただこうやって鬱に浸っていられるのも、現状は安全な環境にいるからかな……とも思います。
渦中にあった時にはそれどころじゃなくって冷凍保存しといた思いが、今になって溶け出してる感じで。
冷凍庫の食材整理とかしながら、人間の心もおんなじかもな~とか考えてました。
定期的にストック取り出して、霜取りとかもしないと、容量オーバーで入り切らなくなっちゃうんでしょうね。
私の場合、昭和の時代を超えて冷凍されてたモノなので、完全に溶けきるまでなかなか手強そうですが。
息子に同じ事を繰り返したくはないので、自分の中でちゃんと片付けなきゃなと。

あれこれ思いを馳せつつ、各主人公のオルへのお説教時のセリフの解釈なんかも、最近色々考えてます。
ユンの「悩んだその時、二つの道が生まれます。そのどちらを選ぶか……それが運命を作るのでしょう……」。
二つの道というのは、片方は人からされた嫌な事をそのまま別の人に流してしまう道(オルがこっちですね)、
そしてもう片方は、自分の所で断ち切る道(アキラとかはこっち)なのかなー……とか。
前者の方がずっと簡単だけど、幸せになりたければ、苦しみに向き合いつつ後者を選ばないといけないんでしょうね。
サモだって言ってましたもんね、「オラがされて嫌な事はきっと、人も嫌だッチよ……」って。
LALの主人公キャラ達は、それぞれ自己の抱える問題とちゃんと向き合って、
より良く生きようとしているのが感じられて、そこがいいんだろうなと思います。
「むやみに人を斬ってはいけない」って坂本の言葉がおぼろ丸に届いたのも、
おぼろ丸自身が、自分の現状に多少なりとも疑問を抱いていたからこそなんだろうな、とか。

よし、書いててちょこっと元気になりました。
やっぱりLALはいいですね(^^)。

気分転換に、明日は川崎の藤子・F・不二夫ミュージアムまで、鉄道の日記念きっぷで行ってきますノシ
トキノさんメッセありがとうございました!返信不要との事でしたが、いやいや返信させて下さい……!
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 日記

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。