スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家族のこと

「実家に帰らせて頂きます」
夫に宣言して、3日間愛知県I市の実家に引き籠もっていたゆさポンです。

……「行ってらっしゃ~い、気をつけて」と、快く送り出されたんですけどね(笑)。
何の事はない、定期的な子供の顔見せ帰省でした、というオチ。
近いのでちょくちょく帰るんですが、夫にとっても、ひっかけ会話の定番ネタの模様。
奥さんが子供連れて実家に帰っちゃった、って話を切り出すんですって。
大半の人が、一瞬ギョッとしてくれるそうですよ。そりゃそうだ(^^;。

家族関係に絡んで、本日は中世編でずっとひっかかってる事について。
オルステッドの回想シーンは、家族に関わる映像が一つも無いんですよね。
そこそこ良好な関係なら、通常浮かんできて然るべきだと思うんですが。
オルだけじゃなく、ストレイボウだって、もし関係良好な家族がいれば
彼らの顔が浮かんで、王殺しとか、魔王山山頂の裏切りとか、
きっと躊躇していたと思うんですよ……。
仮説として、

(1)家族は既に死んでいる、あるいは生死不明
(2)家族はいるが、劣悪な関係

恐らくどっちかだろうと踏んでいるんですが。
ストーリー中で語られない、プレイヤーの想像に任されている部分ですね。

で、紅羽としては、オルステッドは(1)、ストレイボウは(2)じゃないかと
妄想しております。
根拠としては、彼らの名前にあるんじゃないかなぁ、と。
オルの由来は、喚子鳥では「太陽神ホルスの子(Horustad)」を採ってるんですが。
日本人だと、陽一とか太一ってトコですか(笑)。 ←わざわざ変換せずとも良い
名付け親の愛情を感じられますよね。
一方、ストレイボウ。「stray(迷い)」だなんて、通常名前に使う単語でしょうか?
もし他の意味があったらスイマセン、なのですが、スペルがstraybowだとすると、
良い名前だという感想が、どうにも思いつかない気がするんですよ……。
適当に名付けられた、あるいは名付け親の憎しみすら込められているかも知れない。
わざと変な名前を付けて悪魔に狙われるのを防ぐって地域もあるらしいけど、
中世編の他の登場人物は由来的に普通の名前なので、その可能性は低そうです。
そこから、もしかして、望まれずに生まれてきた子なんじゃないかな……と。

長くなりそうなので、次記事に続きます……。
スポンサーサイト

テーマ : 考察
ジャンル : ゲーム

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。