スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説同人誌の原稿データ作成方法

※2013年5月3日、『小説原稿データ作成方法(改訂版)』記事を作成。
タイトルをクリックすると記事が開きます。

※7/12、コミスタDebutについての記述を削除。
PSD書き出しは出来ましたね…間違えててスミマセンu

※6/30、(3)に追記。
ワードからPDF等、画像ファイルに変換する際に字間がおかしくなる場合、試して下さい。
私もMS明朝からフォントを変えようとすると、BMP変換の際に
行頭のカギ括弧が次の文字に重なったりして困ってたんですが、
ヤフー知恵袋で解決策を記入して下さった方がいて、おかげさまで解決しました…!
該当質問&回答はこちら。私のケースは質問した人からのコメント欄の方法でいけました。

※5/22、(4)の「アンチエイリアス」についての記述を訂正。

夏新刊のデータ入稿に向けて、データ原稿作成方法を勉強中です。
ググって断片的な情報をかき集めつつの作業で、試作完成まで1週間かかりましたu
前々から思ってたんですが、文章系同人誌の原稿の作り方って、漫画系と比べて
参考資料が圧倒的に少ない(と言うかほぼ無い)んですよね……(;_;)。
で、本日はコミスタでの小説同人誌用原稿データ作成方法を綴ってみます。
私自身まだまだ手探り状態ですが、少しでも字書きさんの参考になれれば幸いです。

今回はワード+コミックスタジオ(Pro4.5.6)+CubePDFというソフトを使って、
PSD形式での原稿データを作ってみました。
ワードファイルのまま、あるいはPDF形式で受け付けて貰える印刷所もありますが、
凝った背景や飾り罫を作りたかったので、コミスタ経由にしました次第です。

<作成例>
※プリントアウトした物を撮影。クリックすると画像拡大
文章部分は5月新刊のを流用

<使用したソフト>
・Word2003 ※以下『ワード』
・ComicStudioPro Ver4.5.6 ※以下『コミスタ』
・CubePDF(フリーソフトです。ダウンロードはこちらから)

<データ原稿作成手順>
(1)小説本文を書く
(2)ワード起動。文章を打ち込み、体裁を整える
(3)ワードで作ったデータを、CubePDFを利用してBMP形式に変換する
(文章データ→画像データに変換して、コミスタで画像として読み込めるようにする)
※ここでBMP形式の代わりにPDF形式に変換して、対応している印刷所にデータ入稿する事も出来ます。
(4)コミスタ起動。(3)で作ったBMP形式データを「読み出し」操作
(5)コミスタのトーン、外部素材等を利用して、レイアウトを作る
(6)コミスタの「書き出し」機能で、データをPSD形式、TIFF形式、PDF形式等に変換

<各手順の詳細>
(1)については割愛します。

(2)ファイル→ページ設定から組んでいきます。
ちなみに作成例は、大体こんな感じです。
(あくまで一例。今後もっと試行錯誤したいです……!)

・用紙タブ:
用紙サイズ「B5」
・余白タブ:
印刷の向き「縦」、余白上35mm、下30mm、左27mm、右28mm
・文字数と行数タブ:
文字方向「縦書き」、段数「2」、文字数「27」、行数「19」


作成例では用紙サイズがB5になっていますが、データ原稿は原寸作成が基本なので、
小説のみの本だったら「A5」で組むのが一般的だと思います。
文字数&行数、余白設定、文字pt等の設定については、飾り罫やノンブルの位置等に
よって最適な数値が変わってくるので、是非色々試して下さいね!
お手持ちのステキ小説同人誌が、強力な参考資料になると思います。

(3)CubePDFの使い方は、

ワード起動→ファイル→印刷→プリンタ名で「CubePDF」を選択→OK→
(CubePDFのウィンドウが開く)→ファイルタイプ「BMP」、解像度「600」→変換


※使用フォントによって、字間がおかしくなる事があるようです。その場合、以下を試してみて下さい。
(ワード画面から)ファイル→印刷→プリンタ名「Cube PDF」を選択→
プロパティ→→詳細設定→PostScriptオプション→
TrueTypeフォントダウンロードオプションを「アウトライン」または「ビットマップ(BMP変換時)」


で、出力ファイル欄で選択した場所に、BMP形式ファイルが作成されます。
ちなみにこの時点でファイルタイプ「PDF」を選べば、PDF形式ファイルが作成されます。
ここで終了して、PDF対応可能な印刷所にお願いする事も出来ます。
ワードのみでも、ある程度の飾り罫は作れますよ~。

(4)コミスタでの画像ファイル読み出し方法は、

ファイル→読み込み→画像ファイル→(3)で作ったBMP形式ファイル選択→開く→
(プロパティウィンドウが開く)→OK


ファイル→開く、ではないので注意!私はここで物凄く詰まりましたu
プロパティウィンドウでも色々出来るみたいですね(勉強中……)。
表現色は黒(1bit)がくっきり出ます。アンチエイリアスはチェックを外して下さい!
(モニタ上で滑らかに見えても、モノクロ印刷では悪い影響が出る事があるそうです)
ちなみにワードからコミスタに直接文章をコピー&ペーストしようとすると、
段数等の情報が反映されません。文字数と行数の指定とかも無理です。
せっかく組んだ2段組の文章は、容赦なく1段組に変換されてしまいます……。

(5)トーンの貼り方は、コミスタのマニュアルを参照して下さい。
作成例はMakerTone/SAMのTH-877を原稿全面に貼ってみました。
色深度はグレースケールです。
貼った後、プロパティで明るさを適当に上げると、背景としていい感じに。

(6)コミスタでのPSDファイル保存は以下の手順で。
TIFF、PDF、EPS(グレースケール不可、モノクロのみ)も、ほぼ同様です。

ファイル→書き出し→画像ファイル(ピクセル指定)→
ファイルの設定項目の種類『Photoshop』→(右の設定ボタンクリック)→
「レイヤーを統合して出力する」にチェック→OK


以上の手順で、コミスタで小説同人誌の原稿データを作成しました。
他にもっといいやり方があるのかも、ですが、ひとまずこれで作れますよって事で。
最初は面倒だったけど、データ入稿だとプリントアウト用紙が要らなくなりますし、
何よりグレースケールが使える分、印刷がすごく綺麗に仕上がりそうですね……!
しかし小説本文が完成しない事には当然入稿出来ないので(^^;、夏まで頑張ります!

最後におまけ。文章系本作成に絞ったマニュアル+ホムペをご紹介。

<小説同人誌作成の参考資料>

・『文章系同人誌のための同人誌製作技術 基本技術篇』
・『文章系同人誌のための誌面作成ガイド』

サークル「懐旧的映像資料室」様の同人誌です。他にDTP&データ入稿編もあります。
2冊とも非常に詳細な解説が載っています。初心者にはちょっと敷居が高いかも?
前者は印刷の基礎知識から企画、製本方法、レイアウト等まで、実に多岐に渡る内容です。
(「文章系同人誌のための同人誌製作精神」コラムには励まされました……!)
後者はレイアウトに絞った内容で、主にワードとOpenOfficeWriteでの誌面作成について。
ある程度の同人誌製作知識があって、ステップアップを図りたい方にオススメです。
夏冬コミケに定期的に参加されてるようなので、スペースでの直接購入か、
送料がやや高めですが、楽天市場のちょっと印刷.comでも購入出来ます。

・『小説本マニュアル』
同人誌印刷所のくりえい社が2007年頃に配布していた本です。
初心者~中級者向け。アナログ原稿の作成についても充実した内容だったのですが、
残念ながら今は配ってないのかな……?(第二弾を期待してます!)
代わりに(?)、現在の同社ホムペには「小説本作成講座」というページがあります。
↑の超簡易版という感じで、初めて印刷所を利用する方向けの内容です。
各社マニュアルやホムペにも、データ原稿の詳しい作成情報が掲載されてたりするので、
主要印刷所をググってみるのも良いですよ!
(サンライズの資料請求で貰える『CREATIVE MANUAL』、オススメですv)

・『同人誌製作講座 小説本ver
(URL)http://www.g-com.ne.jp/~zodiac/offline/sakusei/index.html
本のサイズ・ページ数の決め方から始まる、初心者~中級者向けのサイト様です。
(自宅プリント→)コピー本→アナログ入稿→データ入稿という風に、
順番にステップを踏んでいった方が、確かに理解し易いんですよね。
原稿データ作成は、フォトショップが使える事を前提に書かれてます。
スポンサーサイト

テーマ : 同人活動
ジャンル : 趣味・実用

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。