スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オルストチャット(マニアック版)前編

オルストチャット、マニアック版も無事終了しました(^^)。
私+最終的に5名ものオルスト好きさんに集まって頂き、一大競艶となりました。
名護さんみるこさん彩葉さんけれるさん島村さん、ありがとうございました!
そして実は、マニアック版の延長戦を開催する事に……v
(延長戦は前回&前々回参加者のみご招待の、クローズドチャットです)
本日&次記事は『萌えをお裾分けv』な、恒例のダイジェスト版です。

業務連絡です。チャットログ添付&延長戦ご案内のメールは
4名様分、既に発送完了しております。
届いてない、添付ファイルを開けない等ありましたら、お知らせ下さいね。
(彩葉さん分も打ち終わってますので、メルアドをお知らせ頂き次第、
すぐに送信可能です。よろしくお願いします~m(__)m)

◆すれ違う二人◆
「(オルは)アリシアが攫われて一睡もせずに旅立って、夜に強いタイプかと」
「逆にストは昼起きてるから夜に弱い」
「逆に老人レベル健康的生活時間のオルと、夜型で寝起きが悪いストでも美味しいです」
「朝5時起床、夜8時就寝みたいなw…待てよお楽しみタイムが…せめて10時」

(生活習慣から、食事の流れへ)
「オルがめっちゃ肉食べてる横で、ストはもそもそサンドイッチ食べてたり」
「がっつり食べて、オル喉を詰まらせる→スト「何やってんだよお前…」と呆れる図」
「肉は(オルが)自分で仕留めた獲物を丸焼きw」
「焼く以外の調理法なんてあるのかい?(byオル)」
「ストがハーブでぱっぱっと肉に味付けしたら、「おいしい!」とオル大感激v」
「ストは職業柄、ハーブ系の味付け詳しそう」「お茶とか自分で作る勢いで!」
「(ハーブに感激したオルは)見よう見まねで毒草摘んできて、どつかれます」
「詳細説明しても、必ず微妙に違う毒草摘んでくる」「不幸なオルw」

◆オルスト?オディスト?◆
この時点で評決を取ったところ、オルスト2、オディスト1、どっちも1でした。
(あくまで「どちらかと言えば」前提での選択ですよー!)
どっちもとは「エロに持ち込むのはオディストの方が(ry」だそうですw

「片方があるからこそもう片方が引き立ちますよね。幸せor不幸っぷりが」
「オディでもオルでもストの事は好きな筈!たとえ何があったとしてもね!」
「純粋でも、歪んでも。オディオとか名乗ってみても、憎みきれる人じゃないんです」

(オディストの場合、最期にゲーム外で対話があればいいですよねという流れ)
賽の河原で殴り合い(愛)とかでもいいです、いっそ。ちゃんと会話して欲しい」
「お互いに想い全部ぶつけて…」
「全力ガチバトルして、「お前なんか嫌いだマジで嫌いだホント死んでくれ」
「ああ私も嫌いだよ、君がこんな猫かぶりだとはね。残念ながらもう死んでるけど
気分はどうかな!」の末、大爆笑して「じゃ!」で終わっても、それはそれでOK」

◆ラシザの愛、オルストの愛◆
「友情に関しては、魔王降臨は良かったなぁ。シーザが「ごめんな」ってとこが」
「(オルストもラシザも)最初からケンカしとけよっていう」
「ストも心のダンジョンにて、叶うならオルに「ごめんな」って伝えたいでしょうね…」
「ストってオルの中にある自分割合を過小評価してたんじゃないかなーと思います。
心のダンジョンの台詞。自分がオルに与えられるものの大きさを知らないというか」
「自己否定感の強い人ですよね」「近すぎて距離感を見失い、互いに互いを知らない」
「ストはオルの背中を見てる、オルは前だけ見てるっていうのが私の妄想です」
「オルの方は「ストレイボウには背中を預けられる。私は前を向いていられる」とか、
きっと思ってたのに(´・ω・`) 」

◆オルとストとアリシアと◆
ストはアリシアを通して自分を見ていた感じもします。
アリシアもオルを欲していたじゃないですか。それってストも同様だと思うのですよ」
「皮肉にも、国家権力で自分からオルを奪おうとしている彼女に、自分と同じものを…」
「つまりオルは男女にモテモテw」「無自覚で人たらしじゃないかなーと思います」
「魔王山へ出発当初は凄い人気だったのに、いざ魔王疑惑をかけられた時に、
庇ってくれたのはウラヌスだけだったって、ショックですよね…」
「民は結局「オルステッド」じゃなくて「勇者」を応援してたんですよね」

◆オルステッド、その愛◆
(中世編ハッピーエンドを模索する流れから引き続いて)
「まあ真面目に回答するなら、オルが全てを許すしか無いんですけどね。
ストは自分から正直な事は発信出来ない人間だし」
「全てを許し、受け入れる…愛ってそういう事ですよね(;_;)」
「オルが折れれば、ストも冷静になった時「俺は何て事を…」って猛反省でしょうし」
「カッとなってやった、今は反省している…っていう、アレですね」
「山頂で対決する時、(オルが)無抵抗とか?「いいよ。私の命、お前にあげる」的な」
「あそこでやっぱ説得欲しいですよね!戦うしか無いとか、酷い!」

説得どころか「逃げる」コマンドすら選択出来ない、それが現実(;_;)。
でも、だからこそ、皆様ハッピーエンドを夢見るんですよね…。

◆ベストエンドにて◆
「ハッピーエンドまで行かなくても、せめて(オルに)救いは欲しいですよね」
「どう足掻いても絶望になりそうな反面、とても些細な事で案外ハッピーになれたり
するんじゃないかとも思ってしまいます」
「ベストエンドでオルに何か一縷の救いがあれば…」
「一番気に入らないのは、エンディングでオルがハブられてた事なんですよ。
『届かぬ翼』のメロディーが少し流れるだけだったので…」
「正に『忘れられた翼』ですね…忘れようが無いですけれども(;_;)」
「「ひと」である事を思い出したってのが、一筋の光というか」
「SAD ENDに『忘れられた翼』を流すのがマイブームでした。ほぼぴったり合う筈」
「(救いに関連して)オルも罪を犯してますからね…。
酷い事されたからって酷い事しても良いって理屈にはならないですし。」

◆オルと各主人公の対話◆
(アキラ)
「アキラなんかインコ大仏に無法松を殺された直接的な恨みがあるのに、
オルに止めを刺さない=許した(少なくとも許そうとした)のは、凄い事と思うです」
「む、その時点でインコ=オディオって気付いてたんだっけ?」
「微妙…アキラなら気付けるかもですが。彼は「罪を憎んで人を憎まず」な人ですね」
「アキラにはむしろ、(オルに)平手かグーパンして欲しかったです」
「「っざけんじゃねぇぞ!」って、修正してくれそうですね!」

(心山拳師範達)
「オル最期のアレに関しては、サモもいいです。(オルが)唯一反省してくれる」
↑同調多数!サモ大人気ですv
「あとユン。「貴方は純粋すぎるのかも知れません」って、
そう言えば彼も元スリとか、めちゃくちゃ世の裏側見ちゃってる事を思い出しました」
「逆にレイだけは首傾げちゃうんですよね。彼女の事情も言いたい事も分かるけど、
オルには合ってないと言うか」
「レイやおぼろ丸は完全に自分語りですよね…彼らの性格的にそうするでしょうけど」

(サンダウン)
「サンダウンも結構うんうん、ってなったかなぁ」
「説教口調じゃないのがいいと思ってます。オルも受け入れ易そうで」
「経験談ですしね」「対決前の台詞で、ひとまず同意から入ってるとことか、年の功」

……ひとまずここで切ります!
後編はマニアックの名に相応しいBL談なので、折りたたみ記事ですv
最後に、ホムペ&前記事に拍手ありがとうございましたv
土日のカウンターの回りっぷりに仰天しました(^^;。楽しんで頂けると嬉しいです!
そして良かったら、次回チャット開催時にご参加下さいね。皆様優しいですよv
スポンサーサイト

テーマ : 腐女子的ゲームプレイ日記
ジャンル : ゲーム

     

コメント

Secre

     
プロフィール

ゆさ紅羽

Author:ゆさ紅羽
オルストとサエ亮を愛する
同人字書き屋さん
サークル名は「喚子鳥」
(よぶこどり)
人妻になろうが母親になろうが
相も変わらず腐女子驀進
そんな紅羽がお送りする
日々の妄想の記録がこちら
どうぞよろしく!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。